巷に広がる「SNS疲れ」とは

SNSに疲れてしまう人

他人事ではない!SNSに疲れてしまう日

ではまず、人はどんな理由でSNSを始めて、そして生活の一部と言っても過言ではないくらいのめり込んでいくのかを見ていこうかと思います。 その背景は、人間なら誰しもが持つ、とある欲求や心情がSNSに反映していっていると言えるでしょうかと推測出来ます。

はまってしまった人の心境

続いては、現実にSNSにはまってしまった人は一体いつもどんな状態に陥っているのかについてお書きしたいと思います。 SNSがあるのが当たり前の日常を過ごしているということになっているのでしょうか。 もしかすると、あなたにも当てはまるかもしれません。

疲れやすい人の特徴とは

それでは最後に、SNSに疲れてしまう人やSNSに疲れやすい人はどんな人が当てはまるのかについて触れてみようと思います。 見ていったら「なるほど」と誰もが納得できる背景が出てくるでしょう。 はまってしまった人ほど、見てみる価値があるページだと思います。

SNSを始めてからはまるまで

「インスタ映え」という言葉が流行語になるように、今や世間には、多くのSNSが蔓延しています。
ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどとあげるとキリがないくらいです。
そして、それらのSNSにどっぷりとはまってしまい、毎日毎日時間の許す限り閲覧したり投稿したりしているという人も多くいます。

しかし、その一方でそんな生活に疲れてしまい、一転してSNSをのぞくのですら怖くなってしまうという状況に陥る人も出てきています。
いわゆるSNS疲れという症状です。

では、なぜ楽しいSNSライフが一転して、自分の中で大きな負担になってしまったり恐怖の対象になってしまうのでしょうか。

そこで、このコラムではSNS疲れとは一体なんなのかや、SNSにはまってから疲れてしまうまでになってしまうそのメカニズム、そしてその疲れになってしまうきっかけについて、ほんの少しですがお話したいと思います。

SNSは確かに何かと便利なものです。
いろんな情報を簡単に手に出来たり、交友関係が広まったりもします。
その反面、自分のプライバシー的な部分があっさり他人にわかってしまうという落とし穴もあります。
それがあるのでつい自分を必要以上に良く見せようと欲張ってしまったという声も聞かれます。
前出のインスタ映えも、そういった心情の表れとも言えます。

そんな生活を毎日過ごしていると、気づかないうちに身も心も疲れきってしまい、次第にSNSから遠ざかって行っていきます。

SNS疲れは決して他人事ではありません。
ついさっきまで楽しくSNSを利用していた人が突然なってしまうことだってあります。
最後まで読んでみると、その裏側が見えてくるでしょう。