>

健康増進、リンパマッサージ

この記事をシェアする

リンパとはなんだろう

マッサージに関していえば、リンパを流すなどと言われますね。
このリンパとは主にリンパ液を指します。
血液の中の一部の成分が毛細血管からにじみ出たものです。
リンパ液の人体の役割は、老廃物や細菌といった不要物を運ぶことです。
細菌やウイルスはもとより、老廃物のなかにはがん細胞も含まれていますので、健康維持に欠かせないものです。

リンパ液は体中にあるリンパ管を通っており、リンパ管が集まっているところはリンパ節といわれています。リンパ節で不要物をろ過して排出していきます。また免疫細胞が戦う場でもあります。

血液みたいに思われますが、心臓というポンプで送り出されているわけではなく、筋肉の収縮で流れていきます。血液と違って非常にゆっくりとした動きで体内をめぐっています。

なので、運動不足などが続くとこのリンパ液の流れが滞り、老廃物が体内にたまっていってしまいます。
これでは体にいいわけがありません。

リンパマッサージで得られる効果

リンパ管は浅いリンパ管と深いリンパ管とがありますが、浅リンパ管は皮下組織のすぐ近くを通っています。
なので、マッサージをすることによって直にリンパ液の流れをよくすることができるわけです。
流れが良くなると、滞っていた老廃物がでていくので、まずむくみの改善が起こります。
むくみが減るということは、顔や足などの、すぐに見える場所が一時的ではありますが、細くなります。
またリンパは免疫にもかかわっているので体調不良が減っていきます。病気になりづらいからだづくりにも一役買っているのです。
他に、こりや冷え性も改善する傾向にあります。

マッサージは痛みを伴わなければ気持ちの良いものですから、リラックス効果も得られますね。


トップへ