>

はまってしまった人の心境

とにかくSNS中心の生活

SNSにどっぷりはまってしまった人の生活はこんな感じです。

朝から晩までとにかく暇さえあればSNSを開いています。
通勤通学の車内や休憩時間、そして寝る前までずっとSNSが開きっぱなしです。
一体何をしているのかと言うと、自分の投稿にいいねが付いていたりコメントが書かれているかを常にチェックしているのです。
SNSにはまればはまるほど、自分の投稿がどんな風に見られているのかが気になってしょうがなくなり、SNSから離れられなくなってしまうのです。

その逆に他人の投稿を頻繁にチェックしては、いいねやコメントを付けたりもしています。
これはどういうことなのかと言うと、周囲の人の生活が気になってしまうのです。
そして自分と比べていくのです。
その目的だけで、ひたすらSNSに執着している人も少なくありません。

偽りの投稿も

そしてそこからさらにのめり込んでいき、とあることをしてしまう人も出てきます。

それは自分を偽って投稿するということです。
具体的にどんなことをしているのかと言うと、例えば友達の多いリア充だと思われたくて単なる職場の飲み会を誰かの誕生日パーティーと投稿したり、おしゃれな人と思われたくて試着した服を購入したと見せかけて投稿するという状態です。
中には、投稿のために飼いたくもないペットを購入してその後は放置したり、高級ブランド品を大量に購入して借金地獄に陥っているパターンもあります。

なぜそんなことが起きてしまうのかと言うと、自分を認めて欲しいという欲求がエスカレートしていったからです。
自分をとにかく良く見せたいという気持ちが自分に嘘をつくという悪循環に陥らせたのでしょう。


この記事をシェアする